フォトギャラリーエヌ

N.ISHIDA

年齢 197*年生まれ
性別 男性
現住所 島根県
撮影環境
  • カメラ
    • Nikon D7000
    • Nikon D5000
    • Canon IXY DIGITAL 800IS
  • レンズ
    • AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
    • AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED
    • AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
    • AF-S VR Zoom Nikkor ED70-300mmF4.5-5.6G(IF)
    • AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR
  • 三脚
    • Velbon PHD-41Q
研修・学習概略
since 2000~
  • オフィス系
    • エクセル、ワード、パワーポイント、OpenOffice.orgなど
  • デザイン系
    • Adobe Illustrator、PhotoShop、Flash、CSSなど
  • 言語系
    • ASP.NET(VB.NET)、PHP、VBA、html、jQuery、jQuery Mobile、JavaScriptなど
  • DB系
    • PostgreSQL、SQL Server、MySQL、Microsoft Access(各ExcelからDB連携のみ)
    • (phpMyAdmin、 pgAdmin、SQLServer Management Studio)
  • サーバー系
    • CentOS、Windows Server、FreeBSD
  • WEB サーバー系
    • IIS、Apache
  • Linux OS系
    • Ubuntu
  • ライセンス系 (認定証書発行レベルの講座から抜粋)
    • ISO9001 IATCA審査員研修コース 合格(神奈川県)
    • オープンソースソフトウェアによる中堅ネットワーク管理者養成プログラム 合格(島根県)
    • 中間管理職研修 実用プレゼンテーション基礎講座 修了 (広島県)
職務概略(順不同)
  • サービス業
    • ホテルフロント業務
  • 製造業(主として電装品及び半導体モジュール、光学製品、産業用測定機器など)
    • 品質管理部門
      • ISO9001 QMS構築、認証審査責任者、維持管理、ISO事務局、エビデンス作成
      • 社内外窓口、審査認証機関窓口、品質保証、内外文書管理、標準書類作成
      • 内部監査事務局兼内部監査委員、客先監査/協力会社監査窓口及び管理など
    • 技術部門
      • シーケンス回路図及び設計図から作業指図書への展開業務
      • 量産及び試作品に対する改善、改廃、立上指導、初期流動管理など
    • 製造部門
      • セル生産方式構築、生産計画作成、配員、進捗管理及び製造
      • 案件見積、在庫管理、納期調整、折衝、取引先来訪対応、4M改善など
    • 情報部門
      • 生産進捗管理システム、生産品質実績集計システム、工期管理システム、生産実績入力・集計システムの構築、売上システムの導入など
      • 自社ホームページのデザイン、製作、販売システムの構築など
        ※販売システムの構築はシステム会社と共同制作
雑感
  • 写真
       私の場合、最も古い記憶は保育所に入園する前でしたが、写真は出生後から残っています。
       誰もが幼き頃から多面的に教わり育てられ、社会人として生かされ、自立の姿を映し出すプロセスの中、さまざまな方にお世話になり、いろいろな失敗と成功をかさねて現在に至りますが、なにも特別な事ではなく、誰もが人なりにたどってゆく、当たり前の事と思う価値観の方も、思えない方も、また何も思わない方も共存する現代社会。
       写真については、誰が見ても完全に一致する理解度を求められる記録写真もあれば、個々に於いて追懐されるなど、多種多様な用途に使用され、保管され、持ち主による時々の判断で必要な写真が残ります。
       また、友人や家族との写真は思い出として残りやすく、いつまでも保管しておきたい、いつか再び見たい写真ほど価値が高いと思われます。
       このサイトで掲載をしています風景写真については、如何でしょうか?
       この中で1枚でも心に響くもの、顧みて進むことの出来るものが存在していましたら嬉しく存じます。
       これから撮りたいと思う写真が、時を経ても残る写真となりますように。
  • 本物
       写真には錯覚を利用して芸術的要素や安定感、強調を増してパフォーマンスを向上させる手法があります。
       例えば、遠近法、額縁、ボケなど基本的な事が広く知られていますね。

       生活の中でも視覚的、または直感イメージング、想像を描きたてる等の錯覚を利用して、かけ引きをしたり、パフォーマンスをしたり、判断の材料を得たり、また、人々を楽しませたり、安定したり、回復したり、断ったり、支えたり、協調したり、知らないふりをしたり、相手にされなかったり、個々に限定せず、多くの方々が感受性が発生する年代から将来に渡り、人それぞれの感情を受け入れて、止め、若しくは吐き出して行きます。

       また、周知の通り錯覚等を施したテクニックは、テレビ等の映像や作曲の中でもごく当たり前のように、日常的に使用されています。
       しかしながら、度合いは異なるものの、自己の作品や表現に対してフィードバックをうけた際、所作や無言のアンサーも含む印象で、その人の人格や感情も垣間見る事が出来るでしょう。

       ナチュラルな状態でインパクトのある写真、はやり廃りのない、安定感が多ければ、長い年月に渡り、思いに残る作品である要素となります。
       いわゆる飽きの来ない、長く信頼される本物に分類されるものですね。
       また、その時々で注目を集め、旬な感覚やテクニックを駆使した斬新な写真できっかけ作りをして、選択され、かつ長期的に残る写真も多々存在します。

      以上の事は引き出しにしまい、
       撮影時に、その時々の選択や判断が時を経ても思い起こされ、礎として、力となり思いになる、再び訪れたい、将来を促し、追いかけられるような写真をより多く残したいものです。
  • AGAIN
       今まで大きなケガも無く、大きな病気もせず、入院もせず、そして不自由もせず、当たり前の生活を送ってきたが、人生半ばで初めて大きなケガを負った。

       数mmの差で外傷による動脈損傷を逃れ、結果だけみれば大きな神経も切れず、そもそも僅かな差でケガを負う事などなかった。
       しかしながら、初めての入院生活、周りを見ても、また自身の状況を見ても、大きなケガを負った事を思い知る。
       体の不自由さを問えば、足が残っただけでも有難いと思うレベルである。

       入院中に親しくなった仲間の退院を幾度も見送り、長い入院生活を過ごす。
       もう、急な坂を上って滝を見に行ったり、川辺にある大きな岩からシャッターを押したりする事は出来ないと思う。
       目の前にある稀な被写体も、俊敏さに欠け、当たり前のシャッターチャンスを見送る事にしなければならない事も出てくるかもしれない。

       これからは、今までと全く同じようにはならない体のハンディと向き合いリハビリを続けてゆく事、そして、可能な限りケガを負う以前の状態に復帰をする事を目標に、再び世の中に出る機会を与えられた事に感謝をして生活を送ることになる。
       このような身体を治して、再び思いに残る風景と巡り合う事を切に祈り、努力を継続する。
Copyright (C) 2010 N.Ishida. All Right Reserved.