フォトギャラリーエヌ

N.ISHIDA

年齢 197*年生まれ
性別 男性
現住所 島根県
撮影環境
  • カメラ
    • Nikon D7000
    • Nikon D5000
    • Canon IXY DIGITAL 800IS
  • レンズ
    • AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
    • AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED
    • AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
    • AF-S VR Zoom Nikkor ED70-300mmF4.5-5.6G(IF)
    • AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR
  • 三脚
    • Velbon PHD-41Q
研修・学習概略
since 2000~
  • オフィス系
    • エクセル、ワード、パワーポイント、OpenOffice.orgなど
  • デザイン系
    • Adobe Illustrator、PhotoShop、Flash、CSSなど
  • 言語系
    • ASP.NET(VB.NET)、PHP、VBA、html、jQuery、jQuery Mobile、JavaScriptなど
  • DB系
    • PostgreSQL、SQL Server、MySQL、Microsoft Access(各ExcelからDB連携のみ)
    • (phpMyAdmin、 pgAdmin、SQLServer Management Studio)
  • サーバー系
    • CentOS、Windows Server、FreeBSD
  • WEB サーバー系
    • IIS、Apache
  • Linux OS系
    • Ubuntu
  • ライセンス系 (認定証書発行レベルの講座から抜粋)
    • ISO9001 IATCA審査員研修コース 合格(神奈川県)
    • オープンソースソフトウェアによる中堅ネットワーク管理者養成プログラム 合格(島根県)
    • 中間管理職研修 実用プレゼンテーション基礎講座 修了 (広島県)
職務概略(順不同)
  • サービス業
    • ホテルフロント業務
      • 受付、案内、送り、予約、売上照合、看板作成、前記及び滞在に付随する業務など
  • 製造業(主として電装品及び半導体モジュール、光学製品、産業用測定機器など)
    • 品質管理部門
      • ISO9001 QMS構築、認証審査責任者、維持管理、ISO事務局、エビデンス作成
      • 社内外窓口、審査認証機関窓口、品質保証、内外文書管理、標準書類作成
      • 内部監査事務局兼内部監査委員、客先監査/協力会社監査窓口及び管理
      • 工程通過データに基づく分析とフィードバック及び改善度合のキャッチ
      • 品質月報作成及び月次・期末会議に於ける展開
      • 工程異常の自動検知化と報告書の自動生成システム製作及び維持改善など
    • 製造部門
      • セル生産方式構築、生産計画作成、配員、進捗管理及び調整、製造
      • 案件見積、在庫管理、納期調整、折衝、取引先来訪対応、4M改善
      • 業務の平準化、スペックの明確化、貸与品管理、文書及び記録管理
      • 作業環境レベルのスペック照合及び調整など
    • 技術部門
      • シーケンス回路図及び設計図から作業指図書への展開業務
      • 量産及び試作品に対する改善、改廃、立上指導、初期流動管理、冶具改善など
    • 情報部門
      • 生産進捗管理システム、生産品質実績集計システム、工期管理システム、生産実績入力・集計システムの作成及び立上、維持改善
      • 社内用のシステムを販売用途のシステムに再構築、IT企業とハイブリット制作
        (この時期にウィンドウズサーバー、ASP.NETを導入、3カ月でベースを立上)
    • 広報(自社内食品販売ブランド部門)
      • 自社ホームページの、デザイン、製作及びPOPの作成
         (この時期にHTMLの独習を開始する)
      • メールマガジンに関わる立上とソフト選定及び導入、顧客データ管理、原稿作成、配信及びホームページアクセス数への影響度把握など
      • 販売管理システムの導入と適用業務の選定及び自社用のマニュアル作成、ルーチン業務引継ぎ
      • 成分表ラベル発行機のデータ作成及び改廃
写真  私の場合、最も古い記憶は保育所に入園する前でしたが、写真は出生後から残っています。
 誰もが幼き頃から多面的に教わり育てられ、社会人として生かされ、自立の姿を映し出すプロセスの中、さまざまな方にお世話になり、いろいろな失敗と成功をかさねて現在に至りますが、なにも特別な事ではなく、誰もが人なりにたどってゆく、当たり前の事と思う価値観の方も、思えない方も、また何も思わない方や、他の感情を抱く方等、共存をする現代社会。
 写真については、誰が見ても完全に一致する理解度を求められる記録写真もあれば、個々に於いて追懐されるなど、多種多様な用途に使用され、保管され、持ち主による時々の判断で必要な写真が残ります。
 また、友人や家族との写真は思い出として残りやすく、いつまでも保管しておきたい、いつか再び見たい写真ほど価値が高いと思われます。
 このサイトで掲載をしています風景写真については、如何でしょうか?
 この中で1枚でも心に響くもの、顧みて進むことの出来るものが存在していましたら嬉しく存じます。
 これから撮影をする写真にも、時を経て残る作品が存在しますように。
Copyright (C) 2010 N.Ishida. All Right Reserved.